バストアップと成長ホルモンについて

バストアップと成長ホルモンは親密な関係にあります。

 

もしバストを大きくしたいと思ったときには成長ホルモンを多く分泌させることが、
必要不可欠です。

 

女性ホルモンがバストに影響を与えていることはよく知られています。
しかし、成長ホルモンも胸を大きくしたり美乳にするのに欠かせないものです。

 

実はバストアップだけでなく、アンチエイジングや美肌にも関係しています。
女性にとって成長ホルモンは大事なものです。

 

バストアップをするにはラクトゲン受容体が関係していると言われています。
30〜40歳前後でバストアップする女性は、ラクトゲン受容体ができることで、
成長ホルモンが分泌し育乳していると言われています。

 

成長ホルモン

成長ホルモンは体の成長にとても大事なホルモンです。
一番多く分泌される時期は13〜17歳です。
なので、この時期が成長期と言われています。

 

ただ、分泌のピークがすぎたとしても成長ホルモンの分泌を促進させることで、
バストアップはできます。

 

成長ホルモンの分泌を促進させるためには、質の良い睡眠をしっかりととることです。

 

また、軽い筋トレやエクササイズも効果的です。
食事でも質の良いアミノ酸をとれば成長ホルモンの原料になります。