ベルタプエラリアの副作用について

 

ベルタプエラリアを飲むと副作用が起きる!?気になる人は必見

 

ベルタプエラリアを飲むことで考えられる副作用を紹介します。
実際に私は副作用として頭痛、生理不順、吐き気がありました。
他にも起きると考えられる副作用を下記にまとめてみました。

 

@生理不順
A不正出血
B頭痛
C吐き気
D吹き出物
E肌荒れ
F胃もたれ
G胃の不快感

 

これらの原因として考えられるのは、
過剰摂取と摂取する時期です

 

副作用が起きないようにするための対策

ベルタプエラリアを飲んで副作用が起きないようにするためには、
飲む量と飲む時期が大事になります。

 

プエラリアは400mg/1日を超える量を摂取してはいけません

 

また摂取する時期も大事になってくるので下記で紹介します。

 

プエラリアを摂取するべき時期
生理がおわる頃から排卵日までは、積極的に摂取するようにしましょう。

 

理由としては、その時期はエストロゲンの分泌が活発になるからです。
エストロゲンの分泌を促進させることで、
バストアップの効果が期待できます。

 

プエラリアの摂取を控えめにするべき時期
排卵してから次の生理が始まる約2週間の間は、
控えめに摂取しましょう。

 

エストロゲンが減ってしまい、
プロゲストロンの分泌が活発化するからです。

 

この時期にエストロゲンの分泌を促進させると
ホルモンバランスを崩れてしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れると副作用を起こしやすくなります。

 

プロゲストロンは吹き出物、頭痛、便秘などの原因になるホルモンです。

 

大事なのはホルモンのバランスです。
エストロゲンとプロゲストロンのバランスが崩れると
副作用が起きやすくなります。

 

そのためベルタプエラリアの過剰摂取は禁物です。

 

まとめ

私の推奨の飲み方を紹介します。

 

生理がおわる頃から排卵日までは1日3粒を飲む。
排卵してから次の生理が始まる約2週間の間は1日1粒を飲む
生理が始まってから生理の3日目までは飲まない。

 

この飲み方にしてから私は頭痛などの体調不良は起きることはなくなりました。

 

効果も副作用も個人差があるので、私の飲み方でもダメな場合は
自分に合うように調節してみてください。

 

ちなみに一箱で90粒入っているので、
この飲み方だとあまってしまいます。
定期で購入している人は電話で連絡をして
定期便の一時休止をしましょう。
最大で2ヶ月間お休みできます。

 

ベルタプエラリアのレビューはこちらから